取扱商品

キービジュアル

取扱商品

当社では多種にわたる看板の種類を製作することができます。
用途や耐久性に応じて印刷方法や加工をご提案させて頂きます。
どうぞ、お気軽に下記よりお問合せ下さい。

簡単メールお問合せはコチラ

シルクスクリーン印刷

シルクスクリーン印刷とは、ナイロンやテトロン等の化学繊維で織ったスクリーンメッシュ(紗)を枠に張って固定し版枠を作ります。そして版枠の枠内にインクをのせ、スキージ(ヘラ)でスクリーンメッシュの間からインクを押し出して被印刷物に印刷する製法です。
創業以来、電柱広告看板の製作に携わってきた当社は、高品質で安定した製品を供給するため、いち早くスクリーン印刷製法を導入しました。スクリーン印刷にはインク層の厚みを感じさせる質感や耐候性、インク自体の発色性などの特長がありシート製品では得られない信頼感があります。また、長期屋外掲出仕様としてクリヤー塗装後の焼付け加工や設置場所によっては落書き、貼り紙防止をする特殊加工を施すなど、お客さまのご要望へお応えします。

≫詳しくはこちら

インクジェット印刷

インクジェット印刷は、スクリーン印刷では表現が難しい細かなデザインや画像などもデータに忠実に再現することができます。
種類もシート出力による大型サイン(最大幅1,330㎜)、店舗サインやフロア貼付サイン、メディアを替えればターポリン素材による横断幕などにも対応可能です。カッティングプロッターにより自由自在にカットすることでステッカーなどの小さな商品も製作可能です。品質に関してもUVラミネートシート加工をはじめ、液体ラミネートによる特殊加工により耐候性を高めており、製品の用途(短期,長期)や場所(屋内、屋外)に適したメディアや加工をお選びいただけます。

≫詳しくはこちら

カッティングシート

印刷やシート出力と異なり、単色シートから文字などを切り出して製作するのがカッティング製品です。店舗ウィンド、表示板、レーシングカーや航空機など広く使用されており、耐候性にも大変すぐれています。お客さまご自身で貼り込みできるようアプリケーション加工もいたします。

≫詳しくはこちら